結婚する前から思い描いていたような夫婦生活、当初はそれを手に入れられていたんです。
夫には経済力もあったし、優しい性格だったこともあったから、彼との結婚を決めたんです。
それにセックスだって一生懸命やってくれるから、エッチな性格の私はとっても気持ちよくなることが出来ていたんです。
結婚をする前だって、デートをするたびに彼におねだりをして肉体関係を楽しんでいました。
ラブホテルの中で激しく愛しあって、たくさんの快楽を得ることが出来ていたんです。
これは結婚をしてからも同様で、2人だけの生活が始まるとより新鮮な気持ちになって、お互いの肉体を求めていました。
股間を一つにする、いかにも夫婦だなって感じがしますよね。
夫とのセックス、いつも期待して帰りを待ち望んでいたのでした。
子供ができて夫婦生活も続けられて、それでも回数こそ減ったものの肉体的な交渉は持っていたんです。
私としてはもう少したくさんしたかったけれど、それでも家庭内でしっかりセックスがあることは、救いだったんです。
ところが、夫のペニスが元気がなくなってしまって、お医者さんでEDという診断を受けて、本当に大きなショックを受けてしまいました。
だって、肉体が出来上がってて凄く敏感に反応するようになってて、たくさん感じるようになってきた矢先の事でしたからショックも倍増だったんです。
少しでも構ってくれればいいんだけど、年齢的にも興味をなくしてきてしまっているようで、私の肉体を触ろうともしないんです。
完全にセックスレスの状態なので、これ本当に欲求不満ですよね。
夫と子供を送り出した後は、決まってオナニーをしてしまうんです。
夫には内緒で、Amazonで大人のおもちゃを購入して、オマンコを慰めたりしています。

でもやっぱりオナニーでしかありませんから、本当の意味での気持ちよさというものは、味わうことができません。
何としても男性の硬いペニスで、私のオマンコの穴を思いっきり感じさせて欲しい、そんなことばっかり考えるようになっていました。